声優としてデビューできる確率

声優としてデビューできる確率

声優を目指すにしてもはたしてデビューまでたどり着ける確率はどのくらいあるのでしょうか。

 

声優としてデビューできる割合

声優を目指している人は現在30万人以上いるといわれています。

 

それに対して声優として実際に仕事をしている人が1万人ほど。

 

つまりこれが声優としてデビューできる確率を表しています。

 

さらにそのうち自立して食べていけるほど収入があるのは300人ほどだといいます。

 

最初の30万人のうちのたったの300人ですから1/1000しかまともに声優業で生活していけるようにはならないということです。

 

声優さんは作品毎に就活するようなもの

年間何100本と制作されるアニメのキャストを見ても大体が見たことある顔ぶれですよね。

 

限られた枠の仕事を同じような声優さんたちでとりあっているのが今の声優業界の現状です。

 

オーディションのこぼれ話とかよく聞きますけど大変ですよね。いわば声優さんは作品ごとに就職活動をしているようなものです。

 

オーディションで採用担当にいかに自分を売り込むか。自分という商品価値をアピールできるかが問われる・・・まさに就職活動そのままですよね。

 

それでもどうして声優を目指すのか

声優を目指すというのはある種ギャンブルに近いようなことなのかもしれません。

 

上記のような現実はネット上で散々語られているにも関わらず声優志望者は減っていきません。

 

これは今活躍している声優さんがそれだけ輝いて見えるからというのもあるでしょう。

 

ある種雲の上のような存在である夢にむかって行動する経験というのは、たしかにお金とか現実的な面を考えれば損かもしれません。

 

それでもひきかえに得られる仲間とか時間を大切にしたいのだと思います。

<スポンサーリンク>

関連ページ

業界の現状【剥離する需要と供給】
声優業界の現状を闇とすらいう人がいます。どうしてこの業界はあまり明るい噂を聞かないのでしょうか。声優業界の現状第1話です。
声優の将来性は絶望的!?
声優は昔は舞台役者や俳優の副業としての位置づけでしかありませんでしたが、今では立派な職業の一つです。ですがそんな声優という職業は一生やっていけるような将来性のある仕事なのでしょうか。
声優の顔だしが増えた理由
声優の顔だしが増えた理由について解説しています。
業界に声優が飽和状態になる原因
声優業界は現状飽和状態です。その原因はどこにあるのかをわかりやすく解説しています。
新人が3年後以降も生き残るには
新人声優のランクが上がり、ギャラが高くなった時でも使ってもらえるようになる為の条件について解説しています。競争が激しい業界を生き残るには何が必要なのでしょうか。
業界の待遇改善に必要なこととは
声優の仕事はとにかく待遇がよくないことで有名です。今大御所といわれているベテラン声優であっても待遇改善に尽力しています。声優の待遇改善に必要なものとは何なのでしょうか。
海外の声優さん事情
海外における声優事情についてお話しています。

TOP WORK SCHOOL LESSONS BLOG