声優業界の現状【剥離する需要と供給】

声優業界の現状【剥離する需要と供給】

声優業界の現状を闇とすらいう人がいます。どうしてこの業界はあまり明るい噂を聞かないのでしょうか。声優業界の現状第1話です。

 

声優業界の現状は供給過多

声優業界は現状飽和状態です。たったの300の椅子を1万人が取り合っているような状態・・・。

 

ようするに供給しすぎで需要が追い付いていないという状態なんですね。

 

しかも志望者だけなら国内に30〜50万人もいるといわれています。

 

本来は新人を受け入れる必要などないのですが、養成所や専門学校との関係、ランク制という新人が格安で起用できるような制度。

 

こういったものがありますので今更育成をやめるわけにもいかないのです。

 

新人を起用せざる得ない現状

まずアニメの製作費が年々削られているという点です。声優に予算をかける余裕がないため、経験を積んでいるランクが高い声優ほど起用しにくいという都合があります。

 

新人期間の3年が過ぎてギャラが上がった時でも起用されるような人はアイドル的な人気がある人や、イベントなどでよほどの集客力がある人、とにかくたくさんのファンが付いている人です。

 

3年後いまいちな人は今後あまり仕事を回してもらえずに、新しい新人に次の望みをかけてしまいます。

 

これが需用に対して過剰な供給を産んでしまっている要因でもあります。

<スポンサーリンク>

関連ページ

デビューできる確率
声優を目指すにしてもはたしてデビューまでたどり着ける確率はどのくらいあるのでしょうか。
声優の将来性は絶望的!?
声優は昔は舞台役者や俳優の副業としての位置づけでしかありませんでしたが、今では立派な職業の一つです。ですがそんな声優という職業は一生やっていけるような将来性のある仕事なのでしょうか。
声優の顔だしが増えた理由
声優の顔だしが増えた理由について解説しています。
業界に声優が飽和状態になる原因
声優業界は現状飽和状態です。その原因はどこにあるのかをわかりやすく解説しています。
新人が3年後以降も生き残るには
新人声優のランクが上がり、ギャラが高くなった時でも使ってもらえるようになる為の条件について解説しています。競争が激しい業界を生き残るには何が必要なのでしょうか。
業界の待遇改善に必要なこととは
声優の仕事はとにかく待遇がよくないことで有名です。今大御所といわれているベテラン声優であっても待遇改善に尽力しています。声優の待遇改善に必要なものとは何なのでしょうか。
海外の声優さん事情
海外における声優事情についてお話しています。

TOP WORK SCHOOL LESSONS BLOG