海外の声優さん事情

海外の声優さん事情

海外における声優事情についてお話しています。

 

海外には声優という職業がない?

声優というのが独立した職業として存在するのは日本くらいのものです。

 

では海外では誰が声をあてているのかというと俳優やコメディアンが副業としてアニメの声をあてています。

 

またそのためか日本みたいな「声優ファン」という存在もほとんどいません。

 

日本以外だと唯一韓国が専業として声優という存在が確立されているみたいで放送局が声優劇会を持っているようです。

 

海外は声優にあまりこだわらない?

日本よりも声優に対するこだわりは少ないかと思います。

 

例えばメタルギアのスネークとか日本だとずっと大塚明夫さんが勤めていますが、北米版の声優を10年以上ずっとスネークに声を充てていたDavid Hayter氏があっさり降板したりしますし。

 

まあこれに関しては向こうもかなりがっかりしたファンも多かったみたいですけどね。制作側の意識が違うのでしょうか・・・。

 

まあいずれにせよ日本みたいに長期アニメの声優がずっと定着して担当しているとは限らないのが向こうの声優事情の特徴だと思います。

 

海外のアニメファンは日本語吹き替えを好む?

海外の人でもコアな日本アニメファンの場合、あえて母国よりも日本人声優の演技のほうを好むこともあります。

 

中国の日本アニメファンなんかもテレビで放送される吹き替え版よりも、ネットで見れる中国字幕の日本語吹き替えのほうを好むそうですよ。

 

逆に母国語の吹き替えに違和感を感じる人が多いみたいです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

業界の現状【剥離する需要と供給】
声優業界の現状を闇とすらいう人がいます。どうしてこの業界はあまり明るい噂を聞かないのでしょうか。声優業界の現状第1話です。
デビューできる確率
声優を目指すにしてもはたしてデビューまでたどり着ける確率はどのくらいあるのでしょうか。
声優の将来性は絶望的!?
声優は昔は舞台役者や俳優の副業としての位置づけでしかありませんでしたが、今では立派な職業の一つです。ですがそんな声優という職業は一生やっていけるような将来性のある仕事なのでしょうか。
声優の顔だしが増えた理由
声優の顔だしが増えた理由について解説しています。
業界に声優が飽和状態になる原因
声優業界は現状飽和状態です。その原因はどこにあるのかをわかりやすく解説しています。
新人が3年後以降も生き残るには
新人声優のランクが上がり、ギャラが高くなった時でも使ってもらえるようになる為の条件について解説しています。競争が激しい業界を生き残るには何が必要なのでしょうか。
業界の待遇改善に必要なこととは
声優の仕事はとにかく待遇がよくないことで有名です。今大御所といわれているベテラン声優であっても待遇改善に尽力しています。声優の待遇改善に必要なものとは何なのでしょうか。

TOP WORK SCHOOL LESSONS BLOG