声優の待遇改善に必要なこととは

声優の待遇改善に必要なこととは

声優の仕事はとにかく待遇がよくないことで有名です。今大御所といわれているベテラン声優であっても待遇改善に尽力しています。声優の待遇改善に必要なものとは何なのでしょうか。

 

声優は実力の世界

わかっているのはどの道声優という実力勝負の世界は安定とは程遠いということです。

 

人気がでても一過性の可能性もありますし、声が年齢とともに劣化する可能性もありますので、そうならないための日頃の鍛錬が必要不可欠です。

 

結局この仕事は個人の力量・実績しだいですので、それがなければ淘汰されていくというだけなんです。

 

ランク制が原因?

ランク制というのも待遇が良くならない一因だといわれていますよね。

 

ギャラが安い新人のうちのほうが仕事がきて、キャリアを積んでランクが上がればギャラも上がるため使ってもらいにくくなるという悪循環になってしまってますからね。

 

待遇改善にはシステムの見直しが必要

声優を使う制作側としては、いくら声優がギャラを上げろといったところで「だったら低いギャラでやってくれる人にお願いします」となるだけなので制作側に働きかけだけでは難しいです。

 

この仕事は事務所に雇用されているわけではなく、あくまで契約関係という立場の個人事業主にすぎませんから待遇改善にはそのシステムを根本的から見直すくらいしかないかもしれません。

 

事務所で「雇用」という形にし、給料制にするとかですね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

業界の現状【剥離する需要と供給】
声優業界の現状を闇とすらいう人がいます。どうしてこの業界はあまり明るい噂を聞かないのでしょうか。声優業界の現状第1話です。
デビューできる確率
声優を目指すにしてもはたしてデビューまでたどり着ける確率はどのくらいあるのでしょうか。
声優の将来性は絶望的!?
声優は昔は舞台役者や俳優の副業としての位置づけでしかありませんでしたが、今では立派な職業の一つです。ですがそんな声優という職業は一生やっていけるような将来性のある仕事なのでしょうか。
声優の顔だしが増えた理由
声優の顔だしが増えた理由について解説しています。
業界に声優が飽和状態になる原因
声優業界は現状飽和状態です。その原因はどこにあるのかをわかりやすく解説しています。
新人が3年後以降も生き残るには
新人声優のランクが上がり、ギャラが高くなった時でも使ってもらえるようになる為の条件について解説しています。競争が激しい業界を生き残るには何が必要なのでしょうか。
海外の声優さん事情
海外における声優事情についてお話しています。

TOP WORK SCHOOL LESSONS BLOG