声優オーディションの一般公募の詳細

声優オーディションの一般公募の詳細

一般人はオーディションを受けられないの?という疑問をお持ちの方の声を聞くことが多いです。今回はその疑問に対する回答&アドバイスです。

 

声優オーディションの一般公募はどこで行われる?

結論からいえば、ないことはないです。数年に1回程度ではありますが、一般向けに公募されているオーディションというものはあります。

 

募集は大規模なものならネットや新聞、声優雑誌など色々な媒体を通して行われるはずです。

 

一般向け公募なので当然応募者数はかなりすごいことになることが予想されます。そのためまずはボイスサンプルや書類審査でふるいにかけるのが一般的でしょう。

 

1次選考で1万人応募書がいたとしたら、二次選考で1000人、最終選考で100人とかになります。

 

選考に通過したら

でこの激戦に1位なんかで勝ち残ると電話や書類で合否通知が来て「特待生」として色々な恩恵を受けられます。

 

・声優養成所に通う学費の免除
・役の獲得
・事務所への所属

 

ただ公募オーディションだとしても実際にオーディションを受ける人の多くは養成所や事務所の人間だったりします。

 

なので実際に選ばれるのはそういった人たちになるケースがほとんどで、特別声の演技の訓練を受けていない素人が通過できるとしたらよほど美人で歌がうまくて演技も出来ていて運にも恵まれている場合でしょう。

 

事務所への所属に関してはしっかり事前に色々調べておくことをおすすめします。悪い噂も少なくない業界ですので。

<スポンサーリンク>

関連ページ

声優養成所に入る為のオーディションの内容
声優の事務所所属オーディションを受けるためにはまず養成所オーディションに合格しなければなりません。養成所に入るためのオーディションの審査基準は場所によって違います。今回はその違いについて詳しく掘り下げていきたいと思います。
声優募集のオーディション方法は?
声優のオーディション方法について解説しています。
プロダクション所属オーディションの合格率
声優として仕事をもらうには事務所に所属して仕事を斡旋してもらわなければなりません。
アニメ声優のオーディションの募集方法について
アニメの声優はどうやって決まるの?という疑問に対する回答です。
新人声優オーディションは何歳から受けられる?
新人声優オーディションの募集に関して「そもそも新人声優オーディションとは何なのか?」「オーディションには小学生でも受けられるのか」という疑問にお答えします。
オーディションのボイスサンプルの原稿内容は?
声優オーディションを受けるにあたりボイスサンプルの提出が必要な場合が多いです。今回はボイスサンプルとは何なのか。どのような台詞が必要なのか、男性と女性の違いとは何なのかということを解説しています。

TOP WORK SCHOOL LESSONS BLOG