声優養成所のオーディションの内容

声優養成所のオーディションの内容

声優の事務所所属オーディションを受けるためにはまず養成所オーディションに合格しなければなりません。養成所に入るためのオーディションの審査基準は場所によって違います。今回はその違いについて詳しく掘り下げていきたいと思います。

 

養成所のオーディションの審査基準とは

養成所はオーディションを開きますが合格者の判断基準は養成所によって違ってきます。

 

初心者歓迎!みたいなところはオーディションの時点では声質や演技力は見ていないでしょう。

 

おもに人柄や声の大きさ、最低限の対人能力、しっかりと訓練についてこれるか、その資質を見るのだと思います。

 

一定の経験がなければ入れない養成所もある

また逆に一定の経験がなければ受験資格がないようなところ、たとえば劇団や専門学校での経験が〜年以上と定めているような養成所もあります。

 

この場合は試験の審査基準としては演技力や発音・発生・カツ舌などにあるはずです。

 

専門学校から養成所へ

ある程度のスキル・経験を条件としている養成所に入るためには、専門学校で訓練を積むのもありでしょう。

 

ただ専門学校というところは「お金さえ払えばだれでも入れる」という特性からやる気がない人も多いです。

 

そのせいか入学者の50%は中退してしまうというのがこの業界の定説みたいになってしまっています。

 

本気ならば周りの「高校からの延長線上」という雰囲気に飲まれないことが大切です。

<スポンサーリンク>

関連ページ

声優募集のオーディション方法は?
声優のオーディション方法について解説しています。
プロダクション所属オーディションの合格率
声優として仕事をもらうには事務所に所属して仕事を斡旋してもらわなければなりません。
アニメ声優のオーディションの募集方法について
アニメの声優はどうやって決まるの?という疑問に対する回答です。
新人声優オーディションは何歳から受けられる?
新人声優オーディションの募集に関して「そもそも新人声優オーディションとは何なのか?」「オーディションには小学生でも受けられるのか」という疑問にお答えします。
オーディションのボイスサンプルの原稿内容は?
声優オーディションを受けるにあたりボイスサンプルの提出が必要な場合が多いです。今回はボイスサンプルとは何なのか。どのような台詞が必要なのか、男性と女性の違いとは何なのかということを解説しています。
オーディションの一般公募の詳細
一般人はオーディションを受けられないの?という疑問をお持ちの方の声を聞くことが多いです。今回はその疑問に対する回答&アドバイスです。

TOP WORK SCHOOL LESSONS BLOG