声帯の場所・位置

声帯の場所・位置

言葉を発声する事が普通で、あまり発声の仕組みや、声帯について気にする機会はありませんよね。ですが、歌を歌う方など、声を使う方は声帯の位置を知っておくべきです。
特に歌では、「正しい声帯の位置を把握する事」が声質に直結するとされています。
声帯に関するアレコレ、そして、声帯の位置をキープさせる為の練習方法をご紹介します。

 

声帯の位置

頭を上げて、天井を見てみましょう。顎の下〜真ん中〜下を優しく触ってみます。少し出っ張っている箇所がありますよね。ここが、喉頭と呼ばれる部位です。そして、この上の方に喉仏があり、この中に声帯が入っています。

 

声帯の正しい位置をキープする

歌を歌う際には、特に、声帯の位置をキープ出来る程に良いと言われてます。
一般に低い声の時には、声帯は下がり、高い声では声帯が上がります。音程が変わる事に、声帯が大幅に乗降してしまうと、声音も安定しません。結果として、あまり心地のよい声とならないのです。低音〜高温にかけて、声帯の正しい位置をキープする練習方法を見ていきましょう。

 

声帯の正しい位置を知る〜リップロール

声帯の正しい位置を知る適切な練習方法として、リップロールが挙げられます。(但し、裏声や息だけでのリップロールに限る。)声帯の位置が自然で無理のない発声に適した位置にくると言われています。繰り返しリップロールを行い、喉の感覚を発声に活かして行きましょう。高音を苦手とする方の場合、リップロールで掴んだ喉の感覚に持って行くと、スムーズに発声出来るようになります。

 

 

声帯は喉仏の中にあり、声帯の位置をキープする事で、安定した声質を手に入れる事が出来ると言われています。声が安定しない方、高音が上手く出ない方。もしかすると、声帯の位置を無意識に変えてしまっていたのかも知れません。リップロールなどの練習方法を取り入れて、声帯の位置を正しく矯正して行きましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

声帯のコントロール方法
声帯をコントロールする事で、強い声・弱い声・感情の入った声とうとう、声のレパートリーや質を向上させる事が出来ます。 具体的にどのようにしてコントロールするのでしょうか。その方法を見ていきましょう。
声帯の構造と仕組み
どのような仕組みで、音を発声しているのでしょうか。その仕組みを見ていきましょう。
声帯は筋肉は鍛えることができるか
声帯は粘膜です。筋肉ではないので「鍛えられない」と言われています。 ですが、声帯周りの「筋肉」は鍛えられます!声帯周りの筋肉が鍛えられれば、発声が楽になったり、強い声が手に入るとも言われているのです。 声帯と筋肉の関係を見ていきましょう。
声帯を鍛える方法3選
声帯は筋肉ではなく、粘膜なので、「鍛えられない」と言われています。 しかし、声帯周りの筋肉を鍛える事で、声帯の動きをスムーズにする事は可能です。また、声帯の開け閉めの訓練で、声帯の動きをコントロールする事も可能です。これにより、音域や声質の幅が広がるとされています。
声帯手術で声を高くすることは?
「声帯手術で声を高くする」という選択も出てきました。まだまだリスクはありますが、それでも手術に臨む方もいらっしゃいます。以下に術式を詳しく見ていきましょう。
声帯振動と感情の関係
声帯の振動は、感情をダイレクトに示す事が分かってきました。声帯を使った感情感知システムも登場してきています。 という事は、声帯を上手に、意図的に振動させる事が出来れば、「感情をもっと表現できる」という事です。声帯振動と感情の関係、そして、効果的な感情表現方法の仕方を見ていきましょう。
声帯閉鎖を鍛える!訓練方法
声帯の閉鎖を鍛える事えで、声質や、声の表情の幅が広がると言われています。 声帯閉鎖を鍛える事で得られるメリットや、その訓練方法をご紹介します。

TOP WORK SCHOOL LESSONS BLOG