声帯は筋肉は鍛えることができるか

声帯は筋肉は鍛えることができるか

声帯は粘膜です。筋肉ではないので「鍛えられない」と言われています。
ですが、声帯周りの「筋肉」は鍛えられます!声帯周りの筋肉が鍛えられれば、発声が楽になったり、強い声が手に入るとも言われているのです。
声帯と筋肉の関係を見ていきましょう。

 

声帯は鍛えられない?!

ネット上に、「声帯を鍛える」と書かれる事もありますが、声帯は筋肉ではありません。一対の粘膜なので、鍛える事は出来ないのです。声帯の動きは、声帯を支える「筋肉」によってコントロールされます。
普通の時には、声帯が空いている状態です。発声時に筋肉が緊張して声帯が閉じ、その隙間から空気が出て声帯を震わせて「音」となります。
声帯ではなく、「声帯周りの筋肉」を鍛える事で、スムーズに声帯を動かせるようになります。声質を改善したり、強い声を手に入れる事が可能となると言えるでしょう。

 

声帯を支える筋肉@輪状甲状筋

輪を描くような形で、声帯の下に位置している筋肉です。
喉仏を下げて、喉を開く時に使われる筋肉と言われています。主に、裏声を発声する際に使われます。この部位の筋肉を鍛える事で「中〜高音」の音域を強化する事ができます。
喉仏の上げ下げ、喉を開くことを繰り返して、ボイトレをしてみましょう。

 

声帯を支える筋肉A閉鎖筋

閉鎖筋は、地声の発声時に主に使われる筋肉です。この部位の筋肉を鍛える事で、地声が安定し、強くなると言われています。
「あ」の口をしながら息を吐き、段々と声を出していく発声法、「エッジボイス」という方法で鍛える事が出来ます。「ア゛ア゛ア゛…」という声になった時に、閉鎖筋が使われています。喉を傷めやすいので、力を抜いてリラックスしながら、休み休み行いましょう。

 

 

声帯は筋肉ではないので鍛えられないのですね。
但し、声帯周りの筋肉を鍛えて行く事で、声帯の動きがスムーズになります。声帯の動きをスムーズにコントロールする事で、理想の声を手に入れましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

声帯のコントロール方法
声帯をコントロールする事で、強い声・弱い声・感情の入った声とうとう、声のレパートリーや質を向上させる事が出来ます。 具体的にどのようにしてコントロールするのでしょうか。その方法を見ていきましょう。
声帯の場所・位置
言葉を発声する事が普通で、あまり発声の仕組みや、声帯について気にする機会はありませんよね。ですが、歌を歌う方など、声を使う方は声帯の位置を知っておくべきです。 特に歌では、「正しい声帯の位置を把握する事」が声質に直結するとされています。 声帯に関するアレコレ、そして、声帯の位置をキープさせる為の練習方法をご紹介します。
声帯の構造と仕組み
どのような仕組みで、音を発声しているのでしょうか。その仕組みを見ていきましょう。
声帯を鍛える方法3選
声帯は筋肉ではなく、粘膜なので、「鍛えられない」と言われています。 しかし、声帯周りの筋肉を鍛える事で、声帯の動きをスムーズにする事は可能です。また、声帯の開け閉めの訓練で、声帯の動きをコントロールする事も可能です。これにより、音域や声質の幅が広がるとされています。
声帯手術で声を高くすることは?
「声帯手術で声を高くする」という選択も出てきました。まだまだリスクはありますが、それでも手術に臨む方もいらっしゃいます。以下に術式を詳しく見ていきましょう。
声帯振動と感情の関係
声帯の振動は、感情をダイレクトに示す事が分かってきました。声帯を使った感情感知システムも登場してきています。 という事は、声帯を上手に、意図的に振動させる事が出来れば、「感情をもっと表現できる」という事です。声帯振動と感情の関係、そして、効果的な感情表現方法の仕方を見ていきましょう。
声帯閉鎖を鍛える!訓練方法
声帯の閉鎖を鍛える事えで、声質や、声の表情の幅が広がると言われています。 声帯閉鎖を鍛える事で得られるメリットや、その訓練方法をご紹介します。

TOP WORK SCHOOL LESSONS BLOG