声帯を鍛える方法3選

声帯を鍛える方法3選

声帯は筋肉ではなく、粘膜なので、「鍛えられない」と言われています。
しかし、声帯周りの筋肉を鍛える事で、声帯の動きをスムーズにする事は可能です。また、声帯の開け閉めの訓練で、声帯の動きをコントロールする事も可能です。これにより、音域や声質の幅が広がるとされています。
以下にその方法を見ていきましょう。

 

声帯の開け閉めを鍛える方法

声帯がしっかりと締まっている時には、力強い声。反対に、開いている状態では弱い声となります。声帯の開け閉めを意識的に行う事で、声質のレパートリーを増やし、声質をコントロールして行きましょう。

  1. 地声の「あー」→溜息の「ぁー」(息と声がまざった声で「ぁー」)
  2. 溜息の「ぁー」→地声の「あー」

地声→溜息→地声を、各4秒くらい、繋げて発声して行きます。
地声の時には、声帯は閉り、溜息の時には、声帯が開きます。この感覚を掴み、声帯を意識して開け閉め出来るようになりましょう。

 

声帯周りの筋肉「輪状甲状筋」

輪状甲状筋は、裏声の練習をする事で鍛えられます。この筋肉が鍛えられると、中音〜高音の音域に幅が広がるとされています。

  1. フクロウの鳴き声のように口と喉を開けて、高く「ホー」っと発声してみます。
  2. 驚いた時のように、「ホーォッ↑!」と、「ォ」のところで半音上げます。

この練習方法は、喉に負担を掛けてしまうので、休みやすみ、無理をせずに行いましょう。
焦らず、時間をかけて、高さを伸ばして行きましょう。

 

声帯周りの筋肉「閉鎖筋」

閉鎖筋は、地声で話す時に使われる筋肉です。エッジボイスという方法で、効率的に鍛えられると言われています。

  1. 「ア」の口の形にして、息を吐いていきます。(無音)
  2. ここから、どんどん声を出していきます。すると「ア゛ア゛ア゛…」と、お化けの出すような恐ろしい声となります。

この発声が一番閉鎖筋を使うことが出来ます。喉に力を入れず、脱力したまま行うようにしてみましょう。また、喉の負担を掛けるので、やりすぎは厳禁です。

 

 

声帯を鍛える方法には、「声帯の開け閉め、輪状甲状筋、閉鎖筋」を鍛える方法があります。やりすぎは喉を傷める原因となります。適度に休憩を取りつつ、無理ない範囲で行いましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

声帯のコントロール方法
声帯をコントロールする事で、強い声・弱い声・感情の入った声とうとう、声のレパートリーや質を向上させる事が出来ます。 具体的にどのようにしてコントロールするのでしょうか。その方法を見ていきましょう。
声帯の場所・位置
言葉を発声する事が普通で、あまり発声の仕組みや、声帯について気にする機会はありませんよね。ですが、歌を歌う方など、声を使う方は声帯の位置を知っておくべきです。 特に歌では、「正しい声帯の位置を把握する事」が声質に直結するとされています。 声帯に関するアレコレ、そして、声帯の位置をキープさせる為の練習方法をご紹介します。
声帯の構造と仕組み
どのような仕組みで、音を発声しているのでしょうか。その仕組みを見ていきましょう。
声帯は筋肉は鍛えることができるか
声帯は粘膜です。筋肉ではないので「鍛えられない」と言われています。 ですが、声帯周りの「筋肉」は鍛えられます!声帯周りの筋肉が鍛えられれば、発声が楽になったり、強い声が手に入るとも言われているのです。 声帯と筋肉の関係を見ていきましょう。
声帯手術で声を高くすることは?
「声帯手術で声を高くする」という選択も出てきました。まだまだリスクはありますが、それでも手術に臨む方もいらっしゃいます。以下に術式を詳しく見ていきましょう。
声帯振動と感情の関係
声帯の振動は、感情をダイレクトに示す事が分かってきました。声帯を使った感情感知システムも登場してきています。 という事は、声帯を上手に、意図的に振動させる事が出来れば、「感情をもっと表現できる」という事です。声帯振動と感情の関係、そして、効果的な感情表現方法の仕方を見ていきましょう。
声帯閉鎖を鍛える!訓練方法
声帯の閉鎖を鍛える事えで、声質や、声の表情の幅が広がると言われています。 声帯閉鎖を鍛える事で得られるメリットや、その訓練方法をご紹介します。

TOP WORK SCHOOL LESSONS BLOG