低い声を出す方法3選

低い声を出す方法3選

歌を歌う時でも、日常生活でも、低い声は安定感があって魅力的ですよね。
そんな魅力的な声を手に入れる方法をご紹介します。ここぞというシーンで役立ててみて下さい。

 

喉を開く

地声では、音域に限界があります。音域の幅を広げる為に必要な事が、「喉を開ける事」。喉を開ける事で、声を綺麗に響かせることが出来ます。
喉を開けるフォームは、あくびの時の口(喉)の形です。あくびをしてみましょう。喉仏が下がり、口の中にスペースが出来たのを確認してみます。
この形をキープするようにしましょう。

 

喉仏を下げる

喉仏は男性だけが持つものではありません。まずは、喉に手を当てて、高い音、低い音を発声してみましょう。
高い音の時には、喉仏が上がり、低い音では、喉仏が下がりますよね。低い音を出すときに、喉仏を下げるようなイメージで発声してみましょう。しっかりと意識する事で、低音が出しやすくなります。

 

下顎を下げる

下顎が下がる事で、喉仏も下げやすくなります。上あごを使って低音を出そうとしてもなかなか上手く行きません。下あご・喉仏を下げてみましょう。
ここで注意して頂きたいのは、「首を下げない」という事。首が下がると、下あごを下げるスペースが無くなります。
視線はまっすぐに、遠くを見るような姿勢を心掛けてみましょう。

 

 

低音を出すコツは「喉を開く・喉仏を下げる・下顎を下げる」の3点です。初めは3点同時に行う事は難しいかも知れません。1つ1つマスターし、徐々にスキルを上げて行きたいですね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

きれいな声の出し方
そもそも、綺麗な声とは、どんな声を指すのでしょうか。 きれいと言われる声の定義と、発声のポイントをご紹介します。
ハスキーボイスの原因とは
特に女性の場合、ハスキーボイスで悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 原因は、声帯にありました。声がハスキーになってしまう原因を見ていきましょう。
ハスキーボイスをだす方法
歌を歌う際に、ハスキーボイスだと、かっこよく聞こえますよね。 日本人には、もともとハスキー声という方が少ないのだそうです。自力で手に入れるしかないという事です。今回は、ハスキーボイスになる為の2つのポイントをご紹介します。色々な場面で役立ててみてください。
地声を変える方法
地声を変える方法には、手術という手もあります。しかし、それでは危険を伴う事も。 今回は、自力で地声を変える方法をご紹介して行きます。
声が低くなる 、年齢の境とは?
声が変化する時期と言えば、声変わりが思い浮かびます。声が変わるのは、青年期だけではありません。老化によっても声質が変化していきます。以下にその詳細を見ていきましょう。
声変わりはなぜ起きる?
ウィーン少年団の団員は、声変わりを迎えれば脱会するルールとなっています。これは、声変わりによって、1オクターブ程声の高さが下がるからです。 声変わりは何故、起きるのでしょうか?その原因を以下に見ていきましょう。
声質を変える方法
声質を完全に変えるという事は、手術でもしないと難しいかも知れません。 そこで、今回は、努力の範囲で出来る「声質改善方法」をご紹介します。ちょっとした工夫と努力で、理想の声質に近づきましょう。
男女の声が違う理由
男女の声の違いはどこから来るのでしょうか?主な理由に、声帯の構造が挙げられます。 その内容を以下に詳しく見ていきましょう。
自分の声 が嫌い!その理由とは?
自分の声が嫌いな人は8割にも及ぶと言われています。 その理由は何なのでしょうか?以下に見て行きましょう。
自分の声?録音すると違う理由
声を録音すると、多くの方は「これ、誰の声?」と思うのではないでしょうか。ですが、その声こそ、本当の声なのです。録音した声が自分の思う声と異なる理由を見ていきましょう。また、自分の本当の声が嫌い!という方。声を好きになる方法をご紹介します。
裏声の出し方鍛える!そのメリットと方法
プロの歌手も使っている裏声。裏声をマスターする事で、広い音域の発声が可能となります。裏声のメリットと、練習方法を見ていきましょう。
高い声の出し方
プロの歌手は、難なく地声で低音〜高音まで出していますよね。じつは、裏声を上手に使っているからこそ、出来る技のようです。地声では、音域に限りが出てきます。そこで役立つのが裏声。裏声をしっかり鍛えて、地声と裏声をプロの歌手のように一体化させましょう。

TOP WORK SCHOOL LESSONS BLOG