地声を変える方法

地声を変える方法

地声を変える方法には、手術という手もあります。しかし、それでは危険を伴う事も。
今回は、自力で地声を変える方法をご紹介して行きます。

 

方法@声を高くしたい場合

・舌の中央部を上げる
→「えー」と発声しながら、舌を上げ下げしてみましょう。

 

・喉の奥を開く
→「あー」と発声しながら、喉を開け閉めしてみましょう。

 

・舌を適当な位置にあげる
・口角を上げる
→舌足らずな、可愛らしい音となります。
これらの点を意識しながら、文章をゆっくり、丁寧に読んでみましょう。高く、柔らかく発声する事がポイントです。

 

方法A声を低くしたい場合

高くしたい場合と反対となります。
・舌の中央部を下げる。
・喉の奥を狭くする

 

ドギーブレスという練習方法もお勧めです。

  1. 口を楽に開けて、犬が熱い時にするように「ハッハッハッハッ」とお腹で息を切ります。
  2. 1回15〜60秒を1日2〜5セット。

お腹から発声する感覚を掴み、どっしりとした声を目指します。

 

方法Bボイストレーニング

上記のように、口の形や舌の位置を意識する事で、声の質を変える事も可能です。しかし、なかなか一人では要領が得られない事も。そんな時には、ボイストレーナーの力を借りてみましょう。思わぬ喋り癖が原因で、声質が高く・低くなっている場合もあります。
プロの目で問題点を明らかにしてもらい、個人に合った発声方法を学ぶ。一番早く確実な方法かも知れません。

 

 

声の質は20%が生まれつきのもの。そして、80%が喋る時の癖、育った環境によるもの=後天的なもの。と言われています。舌・口の使い方を見直して、理想の声に近づける練習をしてみましょう。1人で難しい場合は、ボイストレーナーの力を借りてみても良いですね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

きれいな声の出し方
そもそも、綺麗な声とは、どんな声を指すのでしょうか。 きれいと言われる声の定義と、発声のポイントをご紹介します。
ハスキーボイスの原因とは
特に女性の場合、ハスキーボイスで悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 原因は、声帯にありました。声がハスキーになってしまう原因を見ていきましょう。
ハスキーボイスをだす方法
歌を歌う際に、ハスキーボイスだと、かっこよく聞こえますよね。 日本人には、もともとハスキー声という方が少ないのだそうです。自力で手に入れるしかないという事です。今回は、ハスキーボイスになる為の2つのポイントをご紹介します。色々な場面で役立ててみてください。
低い声を出す方法3選
歌を歌う時でも、日常生活でも、低い声は安定感があって魅力的ですよね。 そんな魅力的な声を手に入れる方法をご紹介します。ここぞというシーンで役立ててみて下さい。
声が低くなる 、年齢の境とは?
声が変化する時期と言えば、声変わりが思い浮かびます。声が変わるのは、青年期だけではありません。老化によっても声質が変化していきます。以下にその詳細を見ていきましょう。
声変わりはなぜ起きる?
ウィーン少年団の団員は、声変わりを迎えれば脱会するルールとなっています。これは、声変わりによって、1オクターブ程声の高さが下がるからです。 声変わりは何故、起きるのでしょうか?その原因を以下に見ていきましょう。
声質を変える方法
声質を完全に変えるという事は、手術でもしないと難しいかも知れません。 そこで、今回は、努力の範囲で出来る「声質改善方法」をご紹介します。ちょっとした工夫と努力で、理想の声質に近づきましょう。
男女の声が違う理由
男女の声の違いはどこから来るのでしょうか?主な理由に、声帯の構造が挙げられます。 その内容を以下に詳しく見ていきましょう。
自分の声 が嫌い!その理由とは?
自分の声が嫌いな人は8割にも及ぶと言われています。 その理由は何なのでしょうか?以下に見て行きましょう。
自分の声?録音すると違う理由
声を録音すると、多くの方は「これ、誰の声?」と思うのではないでしょうか。ですが、その声こそ、本当の声なのです。録音した声が自分の思う声と異なる理由を見ていきましょう。また、自分の本当の声が嫌い!という方。声を好きになる方法をご紹介します。
裏声の出し方鍛える!そのメリットと方法
プロの歌手も使っている裏声。裏声をマスターする事で、広い音域の発声が可能となります。裏声のメリットと、練習方法を見ていきましょう。
高い声の出し方
プロの歌手は、難なく地声で低音〜高音まで出していますよね。じつは、裏声を上手に使っているからこそ、出来る技のようです。地声では、音域に限りが出てきます。そこで役立つのが裏声。裏声をしっかり鍛えて、地声と裏声をプロの歌手のように一体化させましょう。

TOP WORK SCHOOL LESSONS BLOG