アフレコとアテレコの違い

アフレコとアテレコの違い

声優に関連する用語としてアフレコとアテレコの意味がわからないという疑問については、以下のように解釈していただければと思います。

 

アフレコ:アフターレコーディングの略称。野外での撮影時点では同時録音せずにスタジオに入ってから後から台詞を録音すること。

 

アテレコ:「あてる」と「レコーディング」を合成した言葉。アニメや洋画、海外ドラマなどすでに用意された画面に日本語の台詞を当てはめていくこと。

 

 

でも現在は意味が統一されていて、声の収録は全て「アフレコ」で統一されていますよ。

 

アテレコというのは音声のない動画だとかパントマイムのような言葉を発していないもの・何を言っているのかわからないものに対して即興で想像し、声をあてる時に使われる言葉ですね。

 

一昔前の「アテレコ」の意味

昔のアテレコの意味はこれとは違って、野外で使用する録音機材の性能が低かった時代なんかは映画だろうとドラマだろうと後からスタジオで明瞭な声を入れていました。

 

なのでこういった場合のアフレコとアニメや洋画などに声をいれるアフレコを区別するためにアテレコという言葉が使われていたのです。

 

今は機材の性能も上がって野外での明瞭な録音が可能になりましたので、アフレコをするのはアニメや洋画などに限られていますので区別の必要性がなくなりアテレコという言葉はすたれました。

<スポンサーリンク>

関連ページ

アニメのアフレコの流れ
声優さんのお仕事であるアニメのアフレコの流れについて解説しています。
アニメのアフレコの収録時間
アニメのアフレコにはどれくらいの時間がかかるの?という疑問に対する回答です。
声優さんのアフレコのアドリブについて
声優さんはアフレコ現場ではアドリブに対応しなければならないことも多いです。
アフレコで声優が台本の台詞間違えず言える理由
昔は口の動きと声のずれがずいぶんあったものですが、最近は本当にぴったりとあっています。どうしてアフレコでの台本のセリフと映像はあんなにもぴったりと合わせられるのでしょうか。

TOP WORK SCHOOL LESSONS BLOG